【奇跡講座】 気づきメモ ~Humming~

「欠乏」の夢から目覚めると、「愛」そのものがわたしたちでした。

一期一会

茶道とか・・・

茶道を習って、気づいて、再確信し、日常に還元したことは、すべてを「同じ」に扱う、ということでした。 所作、態度において、そして「心」を、上げも下げもしない、優劣つけない、”私情”のない姿勢。 すべて「対等」。 すべて「中庸」。 なぜなら、出どこ…

お茶が好き

「奇跡講座」の”メモ”はここでひとまず・・・。 なんかもう、充分すぎて、なんの「必要」も、今はわいてきません。 ただ、お茶を飲むひとときで、完全さに完結。 利休さんが、茶道をどんどん簡素化していった感覚がわかるような気がします。 そこにあるもの…

【Zoom オープンハート瞑想の会】 について

【ZOOMにて誘導瞑想&シェア会・毎週、夜9時から開催しています。】 (誘導瞑想タイムは15分~・その後のシェア会は、お話のキリのよいところまで~) ・・・ *Night オープンハート瞑想* おやすみ前に・・・。 わたしたちが、「今ここ」・”本来在るとこ…

一瞬前に見たことにも、関心をもたない(W レッスン181)

レッスン181は前回は抵抗がありすぎて、嫌で仕方なかった。 「ゆるし」を差し出すのがイヤな人がいたから、曖昧にしてなんとなくわかったふりしてスルーした。 けど、今回は、なんて素晴らしいレッスンなんだと感激している。 よかった・・・・・。 楽に…

犠牲と期待(W レッスン122)

この世界は赦しを練習する場所。 その赦しとは、訂正ということ。 間違っていたことをただ間違っていたと認めるだけ。 そして実在そのものは全く穢されてはいない。 ただ忘れ去られていただけ。 犠牲と期待という自我の泣き叫びをただ見よう。 そして、実在…

拒否してきた愛(W レッスン118)

今日の私たちの練習は少し違った形で始める。 今日はまずはじめに、神の平安の法のもとでは自らの当然の権利であるはずの平安と喜びを、あなたによって拒否された兄弟のことを考えてみよう。 それで、あなたは平安と喜びを自分自身に拒否したのである。 だか…

ひとつという光 (W レッスン99)

これ以上求めるものはないのだと悟る。 ただ、その氣づきの源泉に戻るだけ。 手に負えない自我の泣き叫びをなだめて看過させてくれるのは、唯一であり源である「光」。 その「光」にすべてを預けるだけ。 ・・・・・ ワークブック レッスン99 救済が、ここ…

純粋な空間とともに幸せな時を過ごす(W レッスン98)

外側や肉体に向けて、「個人」の問題にかかわずらっていた意識を、 ふっと内側の優しくて強くて心地よい部分に向けてみる。 このほんのわずかな瞬間を繰り返すだけ。 そうして、いつのまにか、心の中で分けていた人々が、 ただの一つのものに溶けあっていく…