【奇跡講座】 気づきの記録 ~Humming~

「欠乏」の幻想から目覚めると、「愛」そのものが私たちでした。

奇跡のコース

「純粋な空間」というわたし (W レッスン69) 

「純粋な空間」がわたしであると受け入れはじめると、「透明」になったような軽さを感じる。昔、引きずらないといけないような身体の重さ、だるさがあったのに、あれは何だったのだろう・・・。 いかに「個人」であるか?の方にメリットを信じていた間は、「…

無念夢想(W レッスン67)

「自我」の作った世界が”無念夢想の時間”だとは完全には思いきれなかったけど、 「自我」の世界を、ちゃんと真っ直ぐ見れば見るほど、 見たくないものもちゃんと見れば見るほど、 そこには何もないんだって明らかになっていった。 私自身もなかった。 「主体…

幸せな働き(W レッスン66)

「コース」に出会うまでは「自我」をどう扱わなければならないか?を真に理解できていなかったから、 なだめたり、すかしたり、褒めたり、けなしたり、いなしたり、受け入れたり、拒絶したり、おもねったり、・・・・・・。 本当に長い事、「自我」を上げた…

唯一の働きは祝福 (W レッスン65) 

「不足している」という自我の主張。 その反応や衝撃や激情的な感覚を持っていることが当たり前だった。 そして、「コース」にて正気の目を取り戻したら、 当たり前だと思い込もうとしていたんだと氣がついて、 「不足ごっこ」をそっと手離した。 それと入れ…

悩みは自我の捏造 (W レッスン64) 

奇跡講座で述べられている「誘惑」とは、 心身を自分と思い、 人との違いを見つけ、自分や人を上げたり下げたりして、自分も人も世界もあらゆるすべてを罪の中に閉じ込めておこうとする、分離思考の働き。 そして、悩みと苦しみと比較の中に入り込み、本当の…

日常のすべてが癒しになる (W レッスン63) 

私たちの「本当の姿」を受け入れられたら、 それ以外の姿はもう見えないのと同じに。 夢と同じでただ過ぎていく。 それでも、まだ、しばらくはこれまでの長年の「自我」での反応で、 見えてないものとして見過ごせないだろうけど、 そんなときは、立ち止まり…

ゆるすとかゆるさないなどの「思考」そのものが、何でもないもの (W レッスン62)

「思考」自体は不確かなもの。 あれは良い、あれは良くない・・・、あれは正しい、あれは間違っている・・・、 あれは美しくて、あれは汚い、あれは優れていて、あれは劣っている・・・・、 それぞれの「解釈」が飛び交っている。 それぞれの「解釈」の違い…

内側への無防備さ (W レッスン61) 

内側の「光」をためらわない、ということ。 外側のさまざまな「基準」や「条件」や「意味」、「価値」をそっと横眼に退けて、 無条件に湧きあがる喜びに素直でいるということ。 もし、「光」をためらっているのなら、 それは外側の「基準」「条件」「意味」…

「今」から逃げてしまわない(W レッスン60)

「今」以外の居場所はどこにもないのに、 頭の中に入って色んな所に逃げようとする。 「今」という純粋な意識だけが本物。 それ以外は妄想、幻。 妄想や幻は何の力もないので、それはそれで抵抗する必要もない。 感情が揺さぶられ、一時的に魅惑的に思えたり…

思考と感情と身体を見つめる側(W レッスン59 )

純粋な空間。 何も塗られていないキャンバス。 スクリーン自体。 こちらが「生命」で「リアル」。 その中で蠢いて、変わりゆくカタチのように見えている方は、 消えていくもの。 消えていくものということは消えているものということで「無」。 見ている側と…

健やかな心(W レッスン57)

正しさで生きてると、素直さが引っ込んでしまい、素直や単純さや純粋さを出すことを恥ずかしく感じるようになる。そうすると、「感情」が抑圧される。素直に喜ぶ。単純に喜ぶ。純粋に喜ぶ。これは「正しさ」を主張してる間は不要だし、感じられなくなる。「…

私の攻撃的な考えが、決して傷つくことのない私の強さを攻撃している。(W レッスン56) 

私の攻撃的な考えが、決して傷つくことのない私の強さを攻撃している。 ・・・・・ 攻撃的な考えってなんだろう?と考えると、 「違い」を見つけて、 良いとか悪いとか、好きとか嫌いとか、わかるとかわからないとかって裁いてること。 「違い」を見ることが…

すべてが同じ素材でできている (W レッスン55)

私は、何が何のためにあるのかを知らない。 その無防備さを練習したい。 すぐに「あ、それ知ってる」「あ、それはこうだよ~!」などと言い張るのではなく、 「知らない」のまま、「わからない」まま、を楽しみたい。 純粋な空間に甘えたまんま、ゆだねたま…

すべてを「同じ」目で見る練習(W レッスン54)

まさか、当たり前に「見ている」と思っていたのに、 全部が「私的」な幻想だったなんて! でも、本当にそうでした。 夫と関わるとき、子供と関わるとき、友達と関わるとき、お客様と関わるとき、 ありとあらゆる関係性の中で、 「自我の目」で見るときと、 …

五感の目に頼らなくなると”心の眼”が開く(W レッスン53)

不安定な世界はいつも心を不安定にする。 だけど、本当は「逆」で、 不安定な心が世界を不安定に見る。 「五感」を通した目は「防衛の機能」だから、 不確かさを映し出し続ける。 まずは、 目を瞑り、 内側の中心にチューニングする。 頭でイメージするので…

優しい風に運ばれる (W レッスン52)

”私の中の欠如と哀れさと裁きの「私的な」考え”。 このような「五感」を使った「目」で見れば、 「欠如」「哀れさ」「裁き」を見るしかないのです。 そんな不確かさを世界に見るのはもうやめたいと決めるだけなのです。 危険だと思い込んでいる「それら」は”…

聖霊の働きにチューニングする(W レッスン51)

心の中にある「確かさ」という"聖霊"の働き。 その働きに任せているだけでよかったのです。 ただ、これまでは、どうしたって、この"働き"とチューニングが合わなかった。 なぜなら、自分で、自力で、どうにかしようとしてたから。 自分で、我流で、どうにか…

はてなブログ10周年特別お題「10年で変わったこと・変わらなかったこと」

はてなブログ10周年特別お題「10年で変わったこと・変わらなかったこと」 ・・・・・・・ はてなblogは10周年だそうです。 はてなblogさん、お世話になってます、ありがとうございます。 こういう企画の記事に参加するのは初めての挑戦です。 「10年で変わ…

潜在意識の膨大なプログラミングに太刀打ちできる唯一のもの?!

心理学や化学や生理学、自己啓発でも、随分と謳われるようになってきた「潜在意識」。 ヒプノセラピーやゲシュタルト療法やカウンセリングにて、 心身のリラックスを促し、ゆだねる感覚が生じることで、「抑圧されてきた記憶と信念」を思い出したり、引き出…

「これさえあれば、幸せになれる」という思いは、「幸せ」とつながらないためのトラップ

「これさえあれば、幸せになれる」 「これがあれば、完璧」 「これを習得すれば、満たされる」 という思いは、 「今は幸せじゃない」「今は完璧じゃない」「今は満たされていない」という自分を延々と信じて、「欠乏」という誤った場所に自分を置いているの…

コース学習で深まった麗しきパートナーシップ

心の構造の学びを始めて、それが納得できるようになってから、 私の、夫に対する関わり方、関係は変化していきました。 心の学びを始めるまでは、些細なことですれ違っては「あー、この結婚は間違っていたかも」と嘆いたり「いつお別れするかわからないから…

「何もわからなくてよかったんだ」に行き着いて、ホッとして、「沈黙」の中にくつろぐ

「正しい世界」を求めると、どちらが正しいか?とか、何が正しいか?とか、ずっと永遠に議論が終わらないですね。 この世界のしくみの中で生きるには、「正しさ」を盾にして勝ち負けに使い、「正しい」方が有利だったりするから、「正しさ」の追求という闘争…

どちらの世界が本当なの?

【奇跡のコース】で述べられている、 「自我の見方」から、「聖霊の見方」へ変えるということを、 「思考」で捉えようとすると、わけがわからなくなってしまいます。 「思考」って、自我の働きだから。 自我は自我を温存させたいから、「思考」を働かせて、…

何も証明しなくていい

いや〜本当に、これまでの自分って、 「いい人」でいなきゃ、「正しい人」にならなきゃ、「頑張っている人」だと思われなきゃという感じで必死でした。 「いい人」「正しい人」「頑張っている人」じゃないと認められない、社会的にも死活問題、そして、愛さ…

守ろうとする心が癒されていく

私という「個人」があるということに、何の疑問も持たずに当たり前に過ごしている間は、 「個人」がある、ことに疑問を持つ方がおかしいと思いますし、 そもそもそんなこと考えていなかったですし、なんだか雲を掴むようなお話でした、。 そして、 生きてい…

「わたし」から「わたしたち」という視点への移動

「わたし」はこういう考えで、これが好きで、これは気に入らなくて。 「あなた」はそういう考えで、あれが好きで、あれは気に入らなくて。 というふうに、「個別」の主張で、 どっちかが正しくてどっちかが間違いで、 どっちかが得してどっちかが損して、 ど…

関係性が光に包まれていく

これまでの人生で、たくさんの人と出会いがあり、そしてお別れがありました。 「奇跡のコース」のlessonが深まることで「心」が静まり、 これまでの出会いと別れの”あり方”が理解できていきました。 「心」に何が起きていたのか? 混乱状態で生きていた間の…

何もかもが大丈夫(W レッスン50)

2020.3.21 レッスン50 私は神の愛によって支えられている。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ここには、今日も明日も、あらゆる時を通じて、 あなたの前に立ちふさがるあらゆる問題に対する答えがある。 この世界の中では、 あなたは自分が…

愛の歌が心に流れる (W レッスン49)

2020.3.20 レッスン49 神の声は、一日中、私に語りかける。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 日常生活に何の支障もきたさず、 一日を通して神の声を聞くことは充分に可能である。 あなたの心の中の真理がとどまっている部分は、 あなたが自…

全体性に頼ろう (W レッスン48)

2020.3.19 レッスン48 恐れるべきものは何もない。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 今日の主題概念は、単に事実を述べているにすぎない。 幻想を信じる者たちにとっては、このことは事実ではないが、 幻想は事実ではない。 真理において…