【奇跡講座】 気づきの記録 ~Humming~

「欠乏」の幻想から目覚めると、「愛」そのものだったと氣づきます。

包まれて心ほぐれて(W レッスン36)

f:id:kuzira626:20210922141253j:plain

2020.3.7

 

レッスン36

 

私の聖性は、私が見ているものすべてを包み込んでいる。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

今日の主題概念は、

昨日の概念を、知覚する主体から知覚される対象へと広げていく。

あなたが神聖であるのは、あなたの心が神の心の一部だからである。

そして、あなたは神聖なのだから、あなたの視覚も神聖なはずである。

「無罪」とは罪が無いことである。

あなたが少しだけ無罪であるということはありえない。

あなたはまったく無罪であるか、そうでないかのどちらかでしかない。

あなたの心が神の心の一部であるならば、あなたは罪が無いはずである。

そうでなければ、神の心の一部が罪深いものということになってしまう。

あなたの真の視覚は神の聖性と関連があるのであり、

あなたの自我にも、あなたの肉体にも関連はない。

(1:1~8)

 

今日は、三~五分ほどの練習を四回行う。

この練習は一日のうちに均等に割り振るようにし、

さらに、あなたを保護しているものを保護するために、

短い練習を、一日を通して頻繁に行う。

(2:1~2)

 

もちろん、主題概念を適用するときはいつも、できるだけ急がず力まず、

ゆっくりと行うようにする。

(4:2)

・・・・・・・・・・・・・・・・・

・私の聖性は、このパソコンを包み込んでいる。

・私の聖性は、あの人を包み込んでいる。

・私の聖性は、TVを包み込んでいる。

・私の聖性は、この身体を包み込んでいる。

・私の聖性は、あの空を包み込んでいる。

 

あなたを保護しているものを保護するため。

 

ということは、

 

・パソコンの聖性は、私を包み込んでいる。

・あの人の聖性は、私を包み込んでいる。

・TVの聖性は、私を包み込んでいる。

・この身体は、私を包み込んでいる。

・あの空は、私を包み込んでいる。

 

というふうになるのですね。

 

あなたが少しだけ無罪であるということはありえない。

あなたはまったく無罪であるか、そうでないかのどちらかでしかない。

あなたの心が神の心の一部であるならば、あなたは罪が無いはずである。

 

包み込まれている。

 

そして、包み込んでいる。

 

これが真の正体。

 

まだ、「まさか」と躊躇いつつ、

 

包み包まれているあたたかさに心が緩みます。