【奇跡講座】 気づきの記録 ~Humming~

「欠乏」の幻想から目覚めると、「愛」そのものが私たちでした。

「わたし」から「わたしたち」という視点への移動

f:id:kuzira626:20211010230515j:plain

「わたし」はこういう考えで、これが好きで、これは気に入らなくて。

「あなた」はそういう考えで、あれが好きで、あれは気に入らなくて。

 

というふうに、「個別」の主張で、

どっちかが正しくてどっちかが間違いで、

どっちかが得してどっちかが損して、

どっちかは我慢してどっちかはワガママが通って、

どっちかが勝って、どっちかが負けて。

 

どちらかの主張が「正解」だと白黒つけないといけないって思ってて、

 

こんなふうに「心身」、「形」の世界では、「比較」が続いていき、

「比較」したら、それを「競わせる」しかなくて、

どっちが正しいか?など「力技」で突き詰め、

「優位」な方になろうと必死になり、

「分離」が続いていく。

 

そんな狂乱の世界に嫌気がさして、

そんなふうに外の世界で右往左往して、

「正解」を探し回って、

「正解」の形で安心しようとし、

「正解」以外を排除したり、

「正解」にコンプレックスを抱いたり、

敵を作り続けているのに氣がついて、

もう、そんなのやめたいって、

この分離の考え以外の世界はないのか?と探したら、

「奇跡のコース」に出会って。

 

「奇跡のコース」では「そもそも、この世界に”分離”は起こっていません」、

「あなたがそのように見ているだけです」とはっきり述べられていたのです。

 

あまりのシンプルさに怖気づいたけど、心の奥底では納得していました。

もう葛藤の世界から解放される!と嬉しかったです。

 

そうなると「正解」を確保するために作ってきた「形」から離れることになるので、

とにかく、そもそも”自分”と思っている「心身」を土台に「思考」が働いていた、

そのものの「反応」自体を、手放していくことになり、

それはそれは、またしても混乱続きでしたが、

これまで出会った”兄弟”のみんなに支えられて、

徐々に「わたしが分離したがってただけだ・・・」と認めていってます。

 

ですが、長年、分離の象徴である「心身」を「わたし」と思い込んでいるので、

この「視点」を手放すのは本当に至難の業です。

 

だからこそ、「奇跡のコース」では、365日のワークブックと、

徹底した「統合」「真の知恵」の理論がテキストとマニュアルに記されていますが。

 

けど、これまた、最初は「分離」の「視点」で「奇跡のコース」に挑むので、

見当違いの解釈になってしまい、「分離」の「視点」がますます強化されてしまい、

今度は「奇跡のコース」を特別視してしまうという本末転倒に陥ったりします。

 

それでも、「分離」から解放された一瞬の「至福」体験と、

自然で安心でゆるぎない喜びの確かさ実感すると、

もう二度と「分離」の夢の世界に戻るなどというシンドイことはしたくない!と強く思っています。

 

「心身」が「わたし」ではない?!って意味わかりません、、、となりますが、

この視点をレッスンしていくことで、

「分離」のカラクリがひも解けていくので、

もう徹底して「心身」が「わたし」ではないっていう視点のレッスンをやっていくのです。

 

徹底して、「心身」に起こること、思考、感情感覚、そこから波及し行動してしまうことを、観察しつづけるのです。

 

「観察」というワンクッションにて、

「私と思っている心身」との同一化から少しずつ離していけるようになるのです。

 

私の場合、その「観察」の目が、

厳しかったり、責めたり、正そうとしたり・・・・・。

今度はこの癖がなかなか取れないところで悪戦苦闘です。

 

本当に長年の習慣で、即座に自動反応します。

 

ですが、これも諦めずにレッスンしていくだけだなぁ~と思っています。

 

「分離」の心、すなわち、「自我」に厳しかったり、責めたり、正そうとすればするほど、「自我」を「人格化」させてしまい、力を持たせてしまっていますね。

そうすると、益々、「自我」の世界を真に受けて、一喜一憂で疲弊し、「自我」との同一化を強化してしまいます。

 

そうではなくて、「自我」はそもそも「夢」「幻」「勘違い」なのですから、

「びっくりしないで、ゆっくり目を覚ましてね~~~」と赤ちゃんや子供をあやすように、そっと優しく寄り添う姿勢が大切。

 

そして、この「自我」に対する姿勢は、

 

「わたし」ではなく”「わたしたち」”という視点でないと不可能なのでした。

 

関わる方々、

 

自分自身、家族、友達、知人、通りすがりの知らない人。

 

「わたし」ではなく「わたしたち」というすべてがひとつの「心」。

 

関係性によって使い分けることは不可能だったのでした・・・。

 

この真実が理解できることで、これまでの「依存」、「被害者意識」、「パワーゲーム」の関わりが、逆になくなっていき、ちゃんと境界線ができていく。

 

この一見矛盾に思える働きを、

今、日常を通して、丁寧に実践させていただいています。

 

「わたし」ではなく「わたしたち」という視点は、

 

心をとてもとても穏やかで喜び溢れるものにしてくれます。

 

なんだか、苦しい時、嫌な感じの感覚の時は、

「分離」を信じ、この視点を忘れていたのでした。

 

毎日の全部の出来事をこの見方で見る、

 

このレッスンがいつも心を愛の中だったと思い出させてくれます。