【奇跡講座】 気づきの記録 ~Humming~

「欠乏」の幻想から目覚めると、「愛」そのものだったと氣づきます。

どちらの世界が本当なの?

f:id:kuzira626:20211027073938j:plain

【奇跡のコース】で述べられている、

 

「自我の見方」から、「聖霊の見方」へ変えるということを、

 

「思考」で捉えようとすると、わけがわからなくなってしまいます。

 

「思考」って、自我の働きだから。

 

自我は自我を温存させたいから、「思考」を働かせて、「混乱」させて、「問題視」させて、「決めつけて」「分別」して「わかったことにして」、結局は「自分を責める」「何かや誰かを批判する」のどちらかに陥らせていくように働きます。

 

そうやって、「分離」という状態を強化させていきます。

 

何かと何かに違いを見つけたり、「カテゴライズ」したり・・・。

 

自我は自我を手放す気はないのでした。

 

ですが、私たちは「思考」を使わないことは不可能。

聖霊の見方」へ移行することも、まずは「思考」の向きを変えるわけですから、そこに「思考」を使わないのは不可能ですもんね・・・。

 

なので、じゃあ、どのように「思考」を使えばいいかということですが・・・。

 

私の場合はですが、

 

まずは、【奇跡のコース】を読んで、「思考」を使って、自我と聖霊の「見方」と、その"目的"を理解することから始めました。

 

「自我」の目的は「分離」という比較と闘いの世界で、その世界を見るための「見方」。

 

聖霊」の目的は「全て」という愛と平安の世界で、その世界を見るための「見方」。

 

どちらの「見方」と「目的」がいいか?と自分に問いました。

 

最初、コースの学習を始めた8年前の頃は、とてもじゃないけど、「自我」の世界の見方と目的から抜けられる気はしませんでした。

 

この「個人(自我)」の世界で、頑張って、時には闘って、自立して、または誰かや何かに”依存”することを頑張って、「個人(自我)」の幸せを獲得しなきゃいけないって思っていました。

 

そのように、自分は「個人(自我)」で、だからこそ、「個人(自我)」という状態を守るために、外側の何かを「獲得」する必要があると思っていましたし、「獲得」できた時は束の間の安心や幸せを感じます。

 

そして、今度はその安心や幸せを持続させるために、追いかけるのをやめられません。

 

なぜやめられないかというと、決してその喜びは満足できない「不確か」なものだからです。

 

身体も、関係性も、物も、立場も、危ういもので、変わっていくものです。

 

だから「もっともっと、どこかに変わらない”確かな”幸せがあるはず!」と。

 

そうやって、一生掴むことのできない鼻先の人参を追い掛け回し、不満足とわずかな喜びを得るという習慣とその「思考」から離れられないと思っていました。

 

私はこの世界から抜ける「勇気」はありませんでした・・・。

 

【奇跡のコース】には、これらの自我による「分離の構造」について、丁寧に微細な部分に至るまで説明があり、

 

今、私たちが必死になってやっている「終わらない幸せへの追求」は、この地球全体の"物質"的な状態という幻想による「分離」の強化であり、


その「分離」状態から起こる「罪意識」であり、「罪意識」をエンドレスで味わうための自我のストーリーだよ・・・と。

 

これに真から氣づいたときに、「自我」の「見方」で生きるのはヤバイぞぉー!、もう限界だぞーー!、「罪意識」は不自然だぞー!と”マジ”で自覚できていったのです。

 

そして、「聖霊」の目的の「全て」という愛と平安の世界の、その世界を見るための「見方」の方を選びたい!と思えるようになりました。

 

そして、

 

そのためには、これまで、自分は「分離」のストーリーを選んでいたんだ!という自覚が必要だと悟りました!(思考で捉える)

 

その自覚をし始めると、もれなく「これまでの自我の生き方に、ちゃんとガッカリする」ということが必然になっていきます。

 

この落胆が何よりも怖かったりします。

「え、これまでの私はなんだったの・・・これまでの私は消えるの?」って。

 

やはりしんどかったのですが、なぜ落胆することを受け入れ、その期間が乗り越えられていくかというと、その方法と目的がちゃんと【奇跡のコース】にて保証されていたからです。

 

徐々に、「勇気」と「意欲」が育まれていきました。

 

それで、具体的には、「落胆」を「思考」で何とかするのではなく、聖霊」という”本当の自己”と一緒に見る、、、すなわち「感じる」だけなんだと氣づいていきました。

 

「感じる」を、もっと具体的に言葉で描写すると、

 

「全部を全体にゆだねる」➡「なんにもない空間の中」に溶け込んで包まれていくような感じです。

 

または、何にもしないことの中にゆだねていく感じ。


「なんだかわからないけど、ありがとうございます〜」という感じ。

 

そうすると、「落胆」の世界から抜けていき、「愛」の中へと溶けていきます。

 

「思考」が入口でそこから「感じる」へと橋渡ししていく感じです。

 

「感じる」の中にゆるぎない確かさがあります。

 

ここら辺になると、

 

もうそれぞれの経験にゆだねられていきますが・・・。

 

自我がすぐに文句言うかもしれません、「え、こんなもんなの?普通じゃん、つまんない」って(笑)。

 

そうして、これまでの「楽しみ」を奪われたような絶望感に陥ったりしますが、これこそトラップです。

 

これまでの「不確か」な楽しみを遥かに凌駕する「確かさ」「愛」が怖いだけなのです。

 

なので、その誘惑に氣づいたら、

 

すかさず、思考➡感じるへと移行する練習をしていきます。

 

そうするうちに、

 

本当はどちらの世界がリアルで自然なのかが表れていきます。

 

と、同時に「物質世界」への対応に焦りがなくなり、整っていき、結果的に、パートナーとの関係が良好になったり、生活に豊かさを感じたり、心身が整ったりしていくのです。