【奇跡講座】の気づきメモ ~Humming~

「欠乏」の夢から目覚めると、「愛」そのものがわたしたちでした。

お茶碗を洗う(W レッスン83)

「退屈」さや、「不感症」さは、自我の働き。


その働き側に居ることを自覚して、その働きにくっついている身体感覚を感じる。


すると、じんわりと溶けていく。


「退屈」「不感症」の奥に、たおやかな愛がある。

・・・・・

ワークブック レッスン83

 

復習

 

1・(65)私の機能は、神が私に与えたものだけである。

2・(66)私の幸せと私の機能はひとつものもである。

 

神からくるすべてはひとつである。

それらは一体性に由来しており、ひとつのものとして受け取られなければならない。

私の機能を全うすることが、私の幸せである。

なぜなら、両方とも同じ源に由来しているからである。

そして私が幸せを見つけたければ、自分を幸せにするものを認識することを学ばなければならない。

(3:2~5)

 

このことが、私の幸せを私の機能から分離することはできない。(4:2)

 

・・・・