【奇跡講座】 気づきの記録 ~Humming~

「欠乏」の幻想から目覚めると、「愛」そのものだったと氣づきます。

妄想を直視する(W レッスン127)

考えたくない、思い出したくない、逃げたい「あの人」「あの思い出」。

 

それらを心の奥に追いやったはずだけど、何かの拍子で思い出すとまだ若干ざわついたり、忘れたはずの「イヤな感じ」を思い出すような出来事に出くわしたり。

 

抑圧すればするほど、「過去」「記憶」「妄想」を強化しリアル化させている。

もう、こうやって、ずっと心を自我と同一化させたままでいる氣はない。

もう、懲り懲りだし、芯から静かで、祝福に満ちることを決意したい。

 

今日のワークは前回前々回は、本腰入れてできなかったけど、もう今回は全部全部の「過去」に対して、思いつく限り、訂正のレッスンをする。

 

しっかりと浮上させ、私たちの本性へと、愛へと、溶け込んでいく一部始終を感じていきたい!

兄弟であるあなたと共有したい神の愛で、私はあなたを祝福します。

あなたの愛であり、私の愛であり、皆の愛である神の愛のほかに愛はない、というこのレッスンを学びたいからです。(12:4.5)

 

・・・・・

レッスン127

 

神の愛のほかに愛はない。

 

愛には裁くことはできない。

それは、それ自体が一なるものなので、すべてを一なるものとして見る。

愛の意味はその単一性の中にある。

(3:1~1)

 

今日は、十五分ずつ二回、今あなたが信じているあらゆる法則から脱出する。

あなたの心を開き、休息しなさい。

あなたを幽閉しているように見えるこの世界は、そこに愛着さえもたなければ誰でも脱出できる世界である。

この世界の貧弱な供え物と無意味な贈り物に価値を置くことをやめて、そのすべてを神の贈り物へと入れ替えなさい。

(8:1~4)

 

神の声が答えてくれることを確信して、父に呼びかけよう。

神ご自身がそれを約束している。

あなたが誤った信念を手放し、自分の実相と愛の意味についての暗い幻想を放棄するたびに、神ご自身があなたの心の中に真理の輝きをもたらすだろう。

今日、神はあなたの無為の想念をくまなく照らし、あなたが愛の真理を理解するのを助けるだろう。

雑念のない開かれた心に、神の声から愛の意味を教えてもらうとき、神は優しくあなたとともにとどまるだろう。

そしてこのレッスンを神の愛で祝福するだろう。

(9:1~6)

 

今日、時間を超越したあなたの学びの前で、救済を待って過ごす未来の多大な歳月が消滅する。

過去と同じような未来を逃れられることに、感謝を捧げよう。

今日私たちは過去を後にし、もはや二度とそれを思い出すことはない。

そして、私たちはまなざしを上げて、これまでとは違った現在を見る。

それは、あらゆる点で過去とは異なる未来をもたらしてくれる現在である。

(10:1.2.3.4)

 

揺らん期の世界が新生する。

この新しい世界が健やかに力強く育っていくのを、私たちは見守る。

新しい世界は、それまでの世界が憎しみの中で愛の敵となるために作り出されていたことを理解してそれを捨てることを学びにやってくる者たちに、祝福を与えるだろう。

今や彼らは皆、神の愛の中で私たちの兄弟である。

(11:1.2.3.4)

 

真の自己を知りたいなら、自分の一部を自分の愛の外に置き去りにすることはできないのだから、私たちは彼らのことを一日中何度も思い出す。

少なくとも一時間に三回、あなたとともに旅をしている人、あなたが学ぶべきことと同じことを学ぶためにやってきた兄弟のことを思う。

そして彼のことが思い浮かんだら、あなたの真の自己からこのメッセージを彼に与えよう。

 

兄弟であるあなたと共有したい神の愛で、私はあなたを祝福します。

あなたの愛であり、私の愛であり、皆の愛である神の愛のほかに愛はない、というこのレッスンを学びたいからです。

(12:1.2.3.4)