【奇跡講座】 気づきの記録 ~Humming~

「欠乏」の幻想から目覚めると、「愛」そのものだったと氣づきます。

反応を見張る必要もなくなる(W レッスン154)

「ゆるし」を受け入れるだけが唯一の役割だということを受け入れるのに抵抗がありましたが、私がこれまで体験してきたすべてに対しての「ゆるし」が、天国において割り振られている役割だということが、どう考えても一番自然なことでした。

 

「なぜこんな人生を過ごさなければならなかったの?」と悔やんで憎悪してきて、それで、この後悔や憎悪を持っているのが苦しくて、必死に自分の過去を癒してきたけど、

その癒しが「個人」を温存するためであれば、後悔や憎悪をより強化して、ただそこにペンキか何かで上から塗って隠しているだけなのです。

そのうち、ペンキはまた剥がれてきて、露になってくるのです。

 

そもそも「個人」ではなかった、ということ。

そしてそのことに氣づくためには、割り振られている「個人」の人生を誤魔化さずに全部露にして、その登場人物、出来事すべてを表に出して、光を当てて、抱きしめて、愛で満たして、聖霊に差し出していく。

 

こうして無条件にただ全部を受け入れれば受け入れるほど、抑圧してきた感覚を感じて解放すればするほど、内側に力が蘇ってきます。

 

この訂正のひとときの深まりが「ひとつ」という我が家に到達します。

 

・・・・・

ワークブック

レッスン154

 

私は神の司牧者のひとりである。

 

自分の価値を判断することは私たちの役目ではなく、私たちには、自分にとってどういう役割が最適なのかを知ることもできない。

より大きな計画において自分に何ができるのか、その全容は私たちには見えない。

私たちの役割は、地獄においてではなく、天国において割り振られている。

そして自分では弱さだと思っているものが強さであったり、自分の強さだと信じているものがしばしば傲慢さであったりする。

(1:5~7)

あなたに与えられた役割がどのようなものであっても、それは神を代弁する声が選択したのであり、その声にはまた、あなたを代弁する機能もある。

聖霊はあなたの強さをありのままに見ており、それがいつ、どこで、何のために、誰に対して用いられるのが最善であるかも気づいているので、あなたにかわって役割を選択し、受け入れる。

聖霊はあなた自身の同意がなければ働かない。

しかし聖霊はあなたの本性について欺かれることはなく、あなたの中にある聖霊自身の声だけを聞く。

(2:1~4)

 

聖霊聖霊自身のものである一なる声を聞くことができるので、その聖霊の能力によって、あなたはついに自分自身の中に一なる声があることに氣づく。

そして、その一なる声があなたの機能を定め、それをあなたに伝える。

あなたがそれを理解し、それを果たすために必要なことを行い、そのすべてに成功を収めるための力を、あなたに与える。

ここにおいて神はわが子とつながったのであり、そうして、神の子は自らと神との一致を伝える神の使者となる。

(3:1~3)

 

神を代弁する声を介したこの父と子の合一こそが、救済をこの世界から区別するものである。

世界が従っていない法則を語るのはこの声であり、神が罪なきものとして創造した心の中から罪悪感を消滅させ、あらゆる罪からの救済を約束するのも、この声である。

そうしてその心は、誰が自分を創造したのかについても、その創造主と自分の永遠の融合状態についても、再び自覚するようになる。

(4:1~4)

 

使者は、自分が届けるメッセージを書くことはしない。

また、メッセージを書く者にその権利があるのかを疑うこともなければ、メッセージの受取人が選ばれた理由を問うこともしない。

ただメッセージを受け入れ、意図された相手に渡し、配達という自分の役目を果たすだけで充分とする。

もし彼が自分でメッセージの内容や目的や宛先を決めるとしたら、彼は神の言葉をもたらす者としての正しい役割を果たせてはいない。

(5:1~4)

 

天国の使者の役割には、この世界が任ずる使者の役割とは一線を画す大きな違いがある。

彼らが運ぶメッセージは、まず最初に彼ら自身に宛てられている。

そして、そのメッセージを自分が受け入れることができたときにのみ、彼らは自分にとどまらず、もっと先にまでそれを運んでいき、意図されたあらゆる場所に届けることができるようになる。

(6:1~3)

 

彼らは、自分たちの仕える存在のもつ権威により与えられた役割以外の役割は選択しない。

(7:3)

 

今日、私たちが取り組むのは、この合一を認識することである。

私たちにかわって語る聖霊から自分の心を離しておこうとすることはやめる。

聖霊に耳を傾けるときに私たちに聞こえるのは、自分の声にほかならないからである。

聖霊だけが、私たちに対して語るのと同時に、私たちを代弁して語ることができ、一なる声の中で、神の言葉を得ることと与えることをひとつにし、神を意志を与えることと受け取ることをひとつにすることができる。

(10:1~3)

 

神の贈り物を認識できるように、私たちは聖霊が望むものを聖霊に差し出す練習をする。

聖霊は、私たちを通して語ることができるように、私たちの声を必要としている。

神のメッセージを聖霊が指名した者たちのところに運んでいくために、私たちの手を必要としている。

聖霊が意志する場所へ私たちを連れていき、不幸の中で待っている者たちについに救済がもたらされるように、私たちの足を必要としている。

そして私たちが聖霊の与える贈り物の真の受取人となれるように、聖霊は、神の意志と一つになった私たちの意志を必要としている。

(11:1~5)

 

しかし、次のことだけは確かである。

すなわち、あなたは今後も幾千もの奇跡を受け取り続けるが、それを信じるようになるまでは、神があなたに贈り物を与えつくしていることがわからないし、神がわが子にほんのわずかな祝福さえ拒んだことがないと知ることもないだろう。

あなたが神および神ご自身の子と一体感をもたない限り、このことがあなたにとってどんな意味をもちえるだろうか。

(12:3~4)

 

私たちが心に明かりを灯し、この神聖な言葉が真実であることを悟るとき、世界は退く。

これが今日、創造主から私たちに送られているメッセージである。

この言葉が、自分自身と自分の機能について、どれだけ私たちの心を変えたかを、これから私たちは実証する。

私たちが互いに共有していない意志は一つも受け入れないと証明するとき、創造主からのたくさんの贈り物が私たちの視野にあふれ、両手に飛び込んでくるだろう。

そして、私たちは自分が受け取ったものを認識する。

(14:1~4)