【奇跡講座】 気づきの記録 ~Humming~

「欠乏」の幻想から目覚めると、「愛」そのものだったと氣づきます。

(レッスン244)

台風が来ていて、怖い。

 

だけど、聖域はなんともない。

 

怖がっているのは分離を信じている部分。

 

起こるに任せ、

 

感じるに任せ、

 

静けさに留まろう。

 

偶然ではない、今日のレッスン。

 

 

・・・

ワークブック

レッスン244

 

世界のどこにいても、私に危険はない。

 

あなたがともにいてくださるので、あなたの子はどこにいても安全です。

御名を呼ぶだけで、自分の安全とあなたの愛を思い出します。

その二つはひとつのものだからです。

どうしてあなたの子が恐れたり、疑ったりできるでしょう。

自らが苦しむことも、危険にさらされることも、不幸を味わうこともありえないと、どうして知らずにいられるでしょう。

あなたに愛され、自らも愛する者であるあなたの子は、あなたに属しており、あなたの父性に抱かれて安全なのですから。

 

そうして私たちは真理の中にいる。

どんな嵐も、私たちの家である聖域を襲うことはない。

神の中で私たちは安全である。

いったい何が、神ご自身を脅かしたり、永久に神の一部であるものを怖がらせたりできるだろう。

(1・2)