【奇跡講座】 気づきの記録 ~Humming~

「欠乏」の幻想から目覚めると、「愛」そのものだったと氣づきます。

(レッスン248)

あちこちに飛び散らせていたものがひとつになっていく。

 

あの思いもこの思いも、

 

あの考えもこの考えも、

 

あの行動もこの行動も、

 

あれもこれも全部戻ってくる。

 

「静けさ」へと戻っていく。

・・・

ワークブック

レッスン248

 

苦しんでいる主体(もの)は、私の一部ではない。

 

・・・・・

 

私は真理を放棄してきた。

今度は、虚偽を放棄することに、同じくらい忠実になろう。

苦しんでいる主体は、私の一部ではない。

悲嘆にくれているのは私自身ではない。

苦痛を感じているのは、私の心の中の幻想にすぎない。

死にゆくものは、実相においては一度も生きていたことはなく、

私自身についての真理を嘲るだけのものだった。

今、私は自己概念や、聖なる神の子についての欺瞞や虚言を、放棄する。

今、神が創造したままの神の子、

今もそのままである神の子を受け入れる用意ができている。

 

父よ、あなたへの往古の愛が戻り、その愛で、私は再びあなたの子も愛することができます。

父よ、私はあなたに創造されたままの私です。

今、あなたの愛が思い出され、私の愛も思い出されます。

そして今、それらがひとつのものだと、私は理解します。

(1・2)