【奇跡講座】 気づきの記録 ~Humming~

「欠乏」の幻想から目覚めると、「愛」そのものが私たちでした。

なんにも掴まない(レッスン256)

本当はいかなる罪もない神の子を、私たちが赦したという夢を見ることはできる。

 

「本当はいかなる罪もない神の子」

 

これだけが真実。

 

その目だけを採用しよう。

 

それまではみんな夢の中なんだ。

 

それまではみんな眠りこけているだけなんだ。

 

・・・

ワークブック

レッスン256

 

今日は、神だけが私のゴールである。

 

神への道はこの世では赦しを経由する。

それ以外に道はにない。

もし、心が罪を大切にしていなかったなら、

あなたが今いるところへこようとする必要などあっただろうか。

いまだに確信がもてない者などいただろうか。

自分が誰なのか、よくわからない者などいただろうか。

そして、神が罪なきものをして創造した者の聖性を疑わせる分厚い雲の中で、

いまだに眠ったままの者などいただろうか。

この世では、私たちは夢を見ることしかできない。

しかし、

本当はいかなる罪もない神の子を、私たちが赦したという夢を見ることはできる。

それが、今日、私たちが見ることを選択する夢である。

神が私たちのゴールであり、

赦しは私たちの心が遂に神のもとに帰るための手段である。

 

父よ、このようにして、私たちはあなたが定めた道を通って、

あなたのみもとに参ります。

御声を聞くことと、神聖な御言葉が指し示す道を見出すこと以外に、

私たちのゴールはありません。

(1・2)

 

・・・・・

 

妄想を一瞥したら脇に置く。

 

脇にどかしたままにしておく。

 

この肉体と頭を通して経験した多くの夢という妄想。

 

それらの全部を明け渡す。

 

惨めさ

孤独

無価値観

絶望感

虚脱

罪悪感

優越感

羨望

 

全部が夢と妄想。

 

夢のストーリーから降りる。