【奇跡講座】 気づきの記録 ~Humming~

「欠乏」の幻想から目覚めると、「愛」そのものが私たちでした。

(レッスン284)

開けっぱなしの扉のようでありたかったんだって、しみじみ気づいた。

 

純粋な好奇心だけで、毎瞬の新鮮さに触れて、心の奥が祝福する。

 

これ以上の幸福はなかった。

 

もうひとりぼっちの怖い夢から離れて、

優しい風を頬にうけ長閑に鼻歌歌っていよう。

 

・・・

ワークブック

レッスン284

 

私は、痛みをもたらすすべての想念を変えることを選択できる。

 

・・・・・

 

正しく知覚されるとき、損失は損失でなくなる。

苦痛はありえない。

原因のある悲観など全く存在しない。

どのような種類の苦しみも夢にすぎない。

これは真理である。

最初は、ただ口にされるだけだが、その後何度も繰り返され、次にかなりためらいながらも部分的に真実として受け入れられる。

それから徐々に真剣に考慮されるようになり、最後には真理として受け入れられる。

私は、痛みをもたらすすべての想念を変えることを選択できる。

そして今日、これらの言葉を超えて進み、

ためらいをすべて通り越し、言葉の奥にある真理の完全な受容にまで達したい。

 

父よ、あなたが授けてくださったものが痛みをもたらすことはありえません。

ですから、悲嘆や苦痛は不可能なはずです。

今日、私があなたへの信頼を揺るがすことなく、喜ばしきものだけをあなたからの贈り物として受け入れ、喜ばしきものだけを真理として受け入れられますように。

(全文)