【奇跡講座】 気づきの記録 ~Humming~

「欠乏」の幻想から目覚めると、「愛」そのものが私たちでした。

何にもなさは、愛そのもの(レッスン302)

苦しんでるっていうのを他の表現にしてみると、「怒ってる」「不満がある」ということ。

 

苦しみを受けるというのは、苦しみを選んでいるという、最も自発的なことだった。

 

あの苦しみも、またあの苦しみも、自発的だった。

 

癒され、よくよく観察すると、「何も起こっていない」すなわち「愛だけが起こってる」のだった。

 

この真実を受け入れたくない自我だけど、そんな怖がりな自我を、ただそこに置いておく。

 

自我は悪くも良くもなく、ただ自我とはそういうものなのだった。

 

静けさの中に癒されていく。

 

その癒しに包まれる。

・・・

 

ワークブック

レッスン302

 

闇のあったところに、私は光を見る。

 

父よ、ついに私たちの目が開きつつあります。

視覚がついに取り戻されて見えるようになるとき、あなたの神聖な世界が私たちを待っています。

私たちは苦しんだと思っていました。

しかしそのときは、あなたに創造された神の子のことを忘れていました。

今は、闇は自分の想像の産物であり、私たちには見ることのできる光があるということがわかります。

キリストの心眼は闇を光に変えます。

愛が訪れたとき、恐れは必ず消滅するからです。

今日、あなたの神聖な世界を赦し、その聖性と見て、それが私自身の聖性の反映にほかならないと理解できますように。

 

私たちの愛は、みもとに行く私たちを待っている。

そしてまた、私たちの傍らを歩み、道を教えてくれる。

神は決して失敗しない。

神こそ私たちが目指す到達地点であり、神こそ私たちが神のみもとに行くための手段である。

(全文)