【奇跡講座】 気づきの記録 ~Humming~

「欠乏」の幻想から目覚めると、「愛」そのものが私たちでした。

(レッスン308)

「今」とは、空の只中。

 

空の中にはなにもかもある。

それこそ、過去も未来も、陰も陽も、罪悪も喜びも、時空も、全部ひとまとまり。

 

だから、そのひとかけらに留まるのをやめて、個人の言い張りにとどまるのをやめて、その握りしめていた手を離して・・・。

 

具体的に言うと、全部なにもかも自分の中に有ると認め、その全部を感じることをゆるす。

 

罪悪感と喜びのごちゃまぜを甘受する。

 

そのまま、空に飛び込む。

 

空に融合する。

 

融合するというのは私たちの意志ではどうにもならない。

できるのは、なにもかもを甘受することだけだ。

そしたらその先に運ばれる。

 

OH MY GOD

・・・

ワークブック

レッスン308

 

この瞬間が、存在する唯一の時間である。

 

・・・・

私はこれまで、自分の目的を挫くような考え方で、時間について考えてきた。

もし私が時間を超えて超時性に達成することを選ぶのなら、時間が何のためのものかについての知覚を変えなければならない。

時間の目的が、過去と未来を一つに維持することであるはずがない。

私が時間から救われる唯一の時間枠は今である。

今この瞬間に、私を自由にするために、赦しが訪れているからである。

キリストの降誕の時は、過去も未来もない今である。

キリストは彼の現在の祝福を世界に与え、世界に超時性と愛を取り戻す。

そして愛は、今ここにある永遠の現在である。

 

父よ、この瞬間を感謝します。

私が贖われるのは今です。

この瞬間は、わが子が解放され、彼の中で世界が救われる時として、あなたが定めてくださった時間です。

(全文)