【奇跡講座】 気づきの記録 ~Humming~

「欠乏」の幻想から目覚めると、「愛」そのものが私たちでした。

(レッスン309)

私は、真実ではない別の意志を自分が作り出し、それを実在させたと思っているからこそ、内側を見ることを恐れている。(W309 1:5)

 

ここの部分にひっかかってしまうー--。

これまでの憎悪を幻だとは感じられないー--。

そして、憎悪を隠しているということは、これまでの自分の作ったストーリーをリアルだと思っているから。

だって、この世的にはリアルだもん。

善悪がベースになっている世界では、悪いことは悪いもん。

この世界の示している大まかな基準をベースにすると、たくさんズルいことしてきた。

人に言ったらドン引きされるようなこと思ったり、やったりしてきた。

 

でも「真の対等性」からすれば、全部が「同じ」。

「何も起こっていない」とは、そういうこと。

 

だからこそ、それを隠さず真正面から見て、兄弟にも見てもらう。

 

セラピストの仮面をかぶっていると、いつまでも、これができない。

できなかった。

 

兄弟にさらすことを許可したのに、はぐらかされることばかりだったが、これは、私が仮面をかぶったままだったからなんだろう。

 

本当にさらすという覚悟が、「ゆるし」へと延長されていく。

 

兄弟に感謝。

「ゆるし」に感謝。

 

・・・

 

ワークブック

レッスン309

 

今日、私は内側を見ることを恐れない。

 

・・・・・

 

私の中に、永遠なる無垢性がある。

それが永遠にそこにあることが神の意志だからである。

神ご自身の意志と同じく無限の意志をもつ神の子である私は、このことについて、どんな変化も意志することはない。

父の意志を否定することは、私自身の意志を否定することだからである。

内側を見るとは、私の意志を、神が創造したままのものとして、ありのままに見出すことである。

私は、真実ではない別の意志を自分が作り出し、それを実在させたと思っているからこそ、内側を見ることを恐れている。

しかしそのようなものは何の結果ももたらしてはいない。

私の中には神の聖性が存在する。

私の中には神についての記憶が存在する。

 

父よ、今日、私が踏み出す一歩は、罪という不毛な夢から私を確実に解放してくれます。

あなたの祭壇は、穢されることなく、静かに立っています。

それは私の自己に捧げられた聖なる祭壇であり、そこで私は自分の真のアイデンてぃていーを見つけます。

(全文)