【奇跡講座】の気づきメモ ~Humming~

「欠乏」の夢から目覚めると、「愛」そのものがわたしたちでした。

(レッスン324)

これまでは、導きに従うなんてつまらん、と突っぱねていた。

自分の思い通りにならないなんて、きっと満足なんかできないって。

密かに、(ばれてますが)自分の希望を滑り込ませて、自己流であることをやめる気はなかった。

 

でも、ここにきて、この無駄な抵抗が本当に無駄なことだと感じ始めている。

 

そしたら、肚がどっしりじんわり、満足している。

 

導きに全部を傾けます。

 

至福の道に従います。

 

・・・

ワークブック

レッスン324

 

私は先導したくないので、導きに従うだけである。

 

・・・・・

父よ、私の救済のための計画を与えてくださったのは、あなたです。

あなたが、私に進むべき道、果たすべき役割、定められた道の一歩一歩を用意してくださいました。

私が道に迷うことはありえません。

ただ少しの間さまよい、そして戻ってくる、という選択ができるだけです。

あなたの愛にあふれた声がいつでも私を呼び戻してくださり、私の歩みは正されます。

私の兄弟はみな、私が先頭に立つこの道をたどって進むことができます。

けれども私はただ、あなたが指示し、進ませようとなさる通りに、みもとへと続く道をたどります。

 

だから私たちは、道を知っている存在についていこう。

これを遅らせる必要はない。

私たちが父の愛に満ちた御手から迷い出ることがあるとしても、それはほんの一瞬のことである。

父の後に従う私たちは一緒に歩む。

そして、私たちの旅の終わりを確かなものにし、わが家への安全な帰還を保証してくれるのは、父である。

(全文)