【奇跡講座】の気づきメモ ~Humming~

「欠乏」の夢から目覚めると、「愛」そのものがわたしたちでした。

(レッスン332)

真理の臨在はここにあるから、幻想の世界に迷い出て探す必要はない。

幻想の元ネタの恐れですら、全部愛。

 

すべてが同じ。

 

そこに自我が介入する隙はない。

その静けさの臨在の中、自由を愛でる。

ゆるしと祝福。

 

・・・

ワークブック

レッスン332

 

恐れは世界を束縛する。赦しは世界を自由にする。

 

・・・・・

自我は幻想を作り出す。

真理は、自我の邪悪な夢を光で照らすことによって取り消す。

真理は決して攻撃しない。

それはただ在るのみである。

そして真理が臨在することにより、心は空想から呼び戻され、実在するものに目覚める。

赦しは真理の臨在を招来し、その心の中の正当な場所に着かせる。

赦しなくしては、心は自らの不毛さを信じて、鎖につながれたままである。

しかし赦しにより、光が暗黒の夢を貫いて輝き、心に希望を与え、心が自ら維承している自由を実現する手段をもたらす。

 

私たちは今日、世界を再び束縛したくありません。

おそれによって、世界が虜囚とされています。

けれども、あなたの愛が、解放の手段を与えてくださいました。

父よ、私たちは今、世界を解放したいのです。

私たちが自由を差し出すとき、自由が私たちに与えられるからです。

そして、あなたから自由を差し出されているこのときに、私たちは虜囚のままでいたくはありません。