【奇跡講座】の気づきメモ ~Humming~

「欠乏」の夢から目覚めると、「愛」そのものがわたしたちでした。

(レッスン341)

思わないようにするのではなくて、思った思いは、そのままにして、取り合わない。

 

思いには何の力もないのだから。

 

だから、思考を止めるなんて無駄なことをするのではなく、出ているものを、ただ静かに眺めるのみ。

 

すべて「愛」が出どころだから、すべてが無罪。

 

なので、「思い」を通り過ぎて、ただただベクトルを「愛」に戻す。

 

「愛」に浸かったままでいる。

 

ここにいる。

・・・

ワークブック

レッスン341

 

私が攻撃できるのは自分自身の無罪性だけであり、私を安全に守ってくれるものも、私の無罪性だけである。

 

・・・・・

父よ、あなたの子は神聖です。

あなたが私に微笑みかけており、その優しい微笑みがあまりに深く静かな慈愛に満ちているので、宇宙はあなたに微笑み返し、あなたの聖性を共有します。

あなたの微笑みのうちに住む私たちは、何と清らかで安全で神聖なのでしょう。

私たちは、あなたの愛のすべてを授けられ、完全な兄弟愛と父性の中で、完璧な無罪性に包まれて、あなたとひとつの生命を生きています。

私たちの無罪性は、無罪性の主が私たちをわが子として思い、ご自身を完成させる想念の一宇宙として思うほどに、完璧なものです。

 

だから私たちの無罪性を攻撃することはやめよう。

それは私たちに対する神の言葉を内包しているからである。

その優しい反映の中で、私たちは救われる。

(全文)