【奇跡講座】 気づきの記録 ~Humming~

「欠乏」の幻想から目覚めると、「愛」そのものが私たちでした。

”気づき”はみんなの共有財産(1.神の教師たちとは誰のことか)

「マニュアル」を読むと楽しい気分になる。

なんて力強い手引書なんだろう。

 

あんなに焦って生きてきた日々を、今、癒し、赦し、解放している。

 

この癒し、赦し、解放、はわかち合われる。

 

今心に焦りや苦しみがあるとしたら、見る必要のないところをただ見ているだけなのだ。

 

「神の子は無罪であり、その無垢性の中に救済がある」

 

ここだけがリアル。

 

ここには「時間」が存在しない。

 

瞬間、瞬間、「新しい」。

 

これを伝えるのは、言葉でもいいし、無言でもいい。

 

行動してもいいし、何もしなくてもいい。

 

近くにいてもいいし、遠くても関係ない。

 

時間から解放されたきらめきをわかち合い続けよう。

 

・・・

「一. 神の教師たちとは誰のことか」

 

神の教師となることを選択する者なら、誰でも神の教師である。

その資格はただ一つ、「なぜかどこかで、自分の利害を他者の利害から離れたものとは見なさいという、意図的な選択をした」ということだけである。

ひとたびその選択をしたなら、彼の道は確立され、彼の進路は定まる。

光が闇の中に差し込んだのである。

それは一条の光でしかないかもしれないが、それで充分である。

まだ神を信じていないとしても、彼は神と協定を結んだことになる。

彼は救済ともたらす者となった。

神の教師となったのである。

彼らは世界中からやってくる。

あらゆる宗教からも、無宗教からもやってくる。

彼らは応えた者たちである。

呼びかけは普遍的なものである。

それはあらゆる時、あらゆるところで続いている。

それを代弁して世界を救うようにと、教師たちに呼びかけている。

多くの者がそれを聞くが、応える者はわずかしかいない。

だが、それもみな時間の問題である。

誰もが最後には応えることになる。

しかし、その最後とは、はるかに遠い先のことになり得る。

だからこそ、教師の計画が定められたのである。

彼らの機能は時間を省くことである。

一人ひとりは一条の光として始めるが、呼びかけがその中心であるので、それは限定されることのない光である。

そして一人ひとりが、世界が判断するところの千年にも相当する時間を省くことになる。

呼びかけそのものにとっては、時間には何の意味もない。

神の教師の一人ひとりに一つのコースがある。

コースの形態は多種多様である。

使用される特定の教材も、同じく多様である。

しかし、コースの内容は決して変わることがない。

その中心的テーマは常に、「神の子は無罪であり、その無垢性の中に救済がある」ということである。

それは行動で教えることもできれば、想念で教えることもできる。

言葉で語ってもよく、無言でいてもよい。

どの言語を使っても、まったく言語を使わずとも、また、いかなる場所や時間においても、いかなる様式によってでも、教えることができる。

呼びかけを聞く前に、その教師が誰であったかは問題はない。

彼は応えたことにより救済者となった。

彼は誰か他の者を自分自身と見なしたのである。

それゆえに、彼自身の救済と世界の救済を見出した。

彼の再生において、世界は生まれ変わる。

本書は一つの特別なカリキュラムのためのマニュアルであり、普遍なるコースの特別な形態の一つを教える教師を対象としている。

他にも幾千もの形態があり、それらすべてが同じ結果をもたらす。

どれもみな、ただ時間を省くだけである。

しかし時間のみが気怠く流れ続けており、今この世界は非常に疲れている。

衰え、やつれ果て、希望を失っている。

結果について疑われたことは一度もない。

神の意志を変えることはできないからである。

しかし時間は、それに伴う変化と死という幻想の数々によって、この世界とその中のあらゆるものを疲弊されている。

だが時間には終わりがある。

それをもたらすことが、神の教師たちの任務である。

時間は彼らの手中にあるからである。

それが彼らの選択だったので、それが彼らに与えられている。

(全文)