【奇跡講座】の気づきメモ ~Humming~

「欠乏」の夢から目覚めると、「愛」そのものがわたしたちでした。

(レッスン347)

怒りは、私が「個人」なんだ!という誤解の解釈から生じる。

 

自分たちは、愛という「全体」だった、と思い出すと、怒りは速やかに去っていく。

 

「個人」という限定的な信念があっただけ。

 

「個人」を守るためにいろんな感情が生じるけど、ただそれだけのこと。

 

それに良し悪しや意味や価値はない。

 

「個人」を躍起になって消すなんてしなくていい。

 

ただその表れを静かに眺め、愛(め)でて、「全体」の中に自然に消えていくのを見守ろう。

 

私たちは「全体」という愛なのだから、怒りようがなかった。

 

「全体」という愛の壮大さは祝福されるだけ。

 

完璧な平安の目覚め。

 

卑小さを愛で癒し、ゆっくりと受け入れる。

 

・・・

ワークブック

レッスン347

 

怒りは必ず裁きから生じる。裁きは、奇跡を自分から遠ざけておくために、私が自分自身に突きつける武器である。

 

父よ、私は自分の意志に反するものは欲し、自分の意志が望むものは欲しません。

私の心を正してください。

心が病んでいます。

しかしあなたは自由をくださいました。

今日、あなたの贈り物を自分のものと宣言します。

私のために正しく審判する存在として与えられた聖霊に、すべての判断をゆだねます。

聖霊は私が見ているものを見ますが、真理も知っています。

苦痛を眺めますが、それは実在しないと理解し、その理解の中で苦痛は癒されます。

聖霊は、夢が私に自覚させまいとする奇跡を与えてくれます。

今日、聖霊が審判してくれますように。

私は自分の意志を知りませんが、聖霊は、それはあなたの意志と同じだと、確信しています。

聖霊は私のために語り、あなたの奇跡を私のもとに呼び寄せます。

 

今日は耳を傾けよう。

じっと静まり、神はあなたを愛するわが子であると審判したと、優しい神の声が安心させてくれるのを聞こう。

(全文)