【奇跡講座】 気づきの記録 ~Humming~

「欠乏」の幻想から目覚めると、「愛」そのものだったと氣づきます。

(W レッスン152)

神の子だ、という決断だけでいい。

処理できなくて溺れてしまうほどの「愛」を処理しようとしなくてもいい。

自我としてなにかしようとしそうになったら、目を瞑りただ愛に溶け込むだけ。

 

まるで全く抵抗しなければ水にぽっかりと浮くような・・・。

 

抵抗しない。

・・・・・

ワークブック

レッスン152

 

決断の力は私にある。

 

・・・・・

 

あなたの身に起こることで、あなたの願望を表していないものは一つもなく、あなたが選んだもので、そこから省かれるものは一つもない。

(1:5)

 

あなたが実在するすべてという贈り物をもらっているなら、損失というものが実在できるだろうか。(2:3)

 

救済とは、「真理は真理であり、それ以外に真実なるものはない」という認識である。

(3:1)

 

神があなたを創造した通りに、あなたは不変であり続ける。

移り変わる状態というものは、言葉の定義からして当然、虚偽を意味する。

気持ちの移り変わりのすべて、肉体と心の変化、自覚や反応における変化のすべてが、それにあてはまる。

これが真理の全的包括性であり、それが真理を虚偽から切り離し、偽りを真理から分離させておき、真理を真理たらしめる。

(5:1.2.3)

 

一日を通して、辛抱強く神を待ちなさい。

一日のはじめに用いたのと同じ言葉で一時間ごとに神を招き、一日の終わりにも同じようにする。

神を代弁する声が答えてくれるだろう。

聖霊はあなたとあなたの父のために語るからである。

聖霊は、あなたのめまぐるしい思考をすべて神の平安に入れ替え、自己欺瞞を神の真理に、そしてあなた自身についてのあなたの幻想を神の子に、入れ替えてくれるだろう。

(12:1~3)