【奇跡講座】 気づきの記録 ~Humming~

「欠乏」の幻想から目覚めると、「愛」そのものだったと氣づきます。

ストーリーが消えると(W レッスン145)

しかし愛には敵はありえないので、それらには原因はなく、実在もなく、もたらされる結果もない。(L 130 4:5)

 

地獄のほんの一部でも実在のものとして受け入れるなら、あなたは自分の目を呪い、自分の視覚を損なったのであり、あなたが見るものはまさに地獄となる。

しかし、それでも地獄が見せようとする一切のものと入れ替われるように、天国の解放はあなたが選択できる範囲にとどまっている。

地獄のどの一部がどんな形で現れてくるとしても、それに向かって言うべきことは、これだけである。

二つの世界を一度に見ることはできない。

私は自由と解放を求めているのだから、これは私が望むものの一部ではない。

(L130 11:1~5)

 

幸せだったとは思えなかったり、失敗した過去の記憶がザクザク出てくる。

悔やんでももう取り返しがつかない。

これまでだったら、セフルセラピーとして受容し、それでもしぶとい時は気分が上がることしたり、氣を反らすために食べたり飲んだりネット見たり。

 

セルフセラピーの受容はある程度はスッキリする。

だけど、完全ではない、またそのうち出てくる。

 

認識が「個人」のままだから。

「個人」のまま「個人」をセラピーするということは「個人」を強化するだけなのだ。

 

自我で自我を処理していると、自我は自我を無くすつもりはないので、自我を温存するため、記憶が過ぎ去っていくことができない。

 

・・・・・・

聖霊」に全部、おまかせする。

「わたしにこの記憶と感情感覚は扱えません。ゆだねます」

感じて渡す。

・・・・・・

 

自我の信念とストーリーは「愛の欠如」

 

「私は愛される資格がない」

「私には愛が足りていない」

「私は愛する力はない」

 

思い返すと、全部、これが元になっている。

「どうせ愛されないし、だからこそ、誰のことも、何のことも愛せない」という思い込みが、数々の後悔のストーリーになっている。

「愛」を諦めて、自力で表面上での取り引き、かけ引き、ギブアンドテイク。

 

あぁ、恥ずかしい。

 

過去の記憶から浮上する感情感覚とこの恥ずかしさも一緒に、

聖霊、私はこれ以上、この感覚を持っていたくありません、そしてどうすることでもきません、ゆだねます」

 

常に瞬時に聖霊にゆだねる。

 

ゆだね続けていると、自我のストーリーが少しずつどうでもよくなってきた。

「本当にそうだったのかな?」と、過去への反応がなくなっていく。

 

「緊張」していて、ただ何も本当には見えていなかったんだね・・・。

自我のストーリーの奥に確かな無垢性がいつもあった。

 

ストーリーが消えると「無垢性」だけが残った。

 

そしてそれだけが確かなものだった。

その確かさだけが事実だった。

・・・・・

ワークブック

復習

レッスン145

 

私の心の中にあるのは、私が神とともに考えている思いだけである。

 

(129) この世界を超えたところに、私の望む世界がある。

(130) 二つの世界を一度に見ることはできない。