【奇跡講座】 気づきの記録 ~Humming~

「欠乏」の幻想から目覚めると、「愛」そのものが私たちでした。

語る必要を感じなくなるまで(レッスン224)

「沈黙」だけがリアルでした。

 

「沈黙」は始まりであって終わり。

 

「沈黙」を体感するまでは、語られていく。

「奇跡講座」の言葉も、語る必要のないことを、あえて言葉で現わしている。

 

「沈黙」をどうしたら語れるか。

「沈黙」をあえて、一語一句、可能な限り、「   」に近づけようを語る。

 

最後は、語るのをあきらめる。

 

「沈黙」は「   」。

 

「   」。

 

「   」のあたたかさ、優しさ、慈愛にふれたら、もう言葉は必要ない。

 

「   」を愛おしみ、わかちあい、祝福する。


言葉も思考も家も行動も食べ物も、


「    」でできている。


なんだっていい。


全部「愛」、


もしくは「    」。

 

・・・

ワークブック

 レッスン224

 

神は父であり、父は子を愛する。

私の真のアイデンティティーはまったく揺るぎなく、高貴であり、罪はなく、栄光に輝き、偉大にして慈しみに溢れ、罪悪感とは無縁である。

だから、天国は、私の真のアイデンティティーから光が与えられるのを待っている。

それはまた世界をも明るく照らす。

それは父が私に与えた贈り物であり、私が世界に与える贈り物でもある。

与えられ、受け取られる贈り物は、これしかありえない。

これが実相であり、これだけが実相であり。

ここで幻想は終わる。

それが真実である。

 

父よ、私の名は今でもあなたに知られています。

私はそれを忘れてしまいました。

私は、自分がどこに行くのか、誰なのか、何をしているのかが、わかりません。

父よ、自分の見ている世界に疲れ果てた私に、思い出させてください。

こうしたもののかわりに、あなたが私に見せようとなさるものを、現してください。

(1・2)