【奇跡講座】 気づきの記録 ~Humming~

「欠乏」の幻想から目覚めると、「愛」そのものが私たちでした。

幸せな働き(W レッスン66)

「コース」に出会うまでは「自我」をどう扱わなければならないか?を真に理解できていなかったから、

 

なだめたり、すかしたり、褒めたり、けなしたり、いなしたり、受け入れたり、拒絶したり、おもねったり、・・・・・・。

 

本当に長い事、「自我」を上げたり下げたりしながら、

 

時間と労力とお金を使ってきた。

 

「コース」に出会って、


やっと、

 

恐れを恐れのまま、ただ見るだけ。

 

聖霊の働きに任せるだけ。

 

と知って、

 

「自我」を「聖霊」にゆだねたら、

 

元々、満ちていた、のだという氣づきがあふれた。

 

それでも、しばらくは「自我」の凄まじい抗議、虚無感、絶望感などの応戦が続く。

 

だけど、もうそのマヤカシは、何の力もなく、ただ見るだけなのだという「聖霊」の優しいまなざしの姿勢は何一つ変わらない。


一貫した確かさがある。

 

ありがとう。

 

・・・・・

ワークブック レッスン66  

 

私の幸せと私の機能(はたらき)はひとつのものである。

 

あなたの機能は何なのかという根本的な問題について、自我は常に聖霊と戦っている。それは双方向の戦いではない。自我は攻撃するが、聖霊はそれに応戦しない

聖霊はあなたの機能は何であるかを知っている。

聖霊はそれがすなわちあなたの幸せであることを知っている。(2:1~6)

 

今日は、この完全に無意味な戦いを素通りして、あなたの機能についての真理に到達することを試みる。それが何であるかといった愚かな議論には加わらない

幸せとは何かを定義したり、それを獲得するための手段を究明するといったことに、無闇にのめり込むことはしない。

自我が真理を攻撃するのに耳を傾けて、自我を甘やかすこともしない。

私たちはただ、何が真理であるかを見い出せることを喜ぶ。(3:1~5)

あなたは狂気に耳を傾けるか、真理を聞くかのどちらかである。(10:1)

 

・・・・・