【奇跡講座】 気づきの記録 ~Humming~

「欠乏」の幻想から目覚めると、「愛」そのものが私たちでした。

火(レッスン217)

奇跡講座は、「自己」、「自我」を燃やす火だったから、

 

嫌がられて当然だったんだ。

 

燃えた後に残るものが私たちで、これ以上の至福はないのだけど。

 

燃えた後じゃないと感じられたいものだから。

 

怖がられたり、嫌がられるのは、仕方ないことだった。

 

そして、こんなに強力だという自覚を持つことは大切だった。

 

私こそ、この自覚がなかったから、闇雲に火を扱って自分が火傷していた。

 

火傷じゃだめだ。

 

全部燃えるのだった。

 

そこにあるのが本質。

 

どうしたって、これだけが事実。

 

そして、清々しくて、祝福そのもの。

 

 

・・・

 ワークブック

レッスン217

 

復習

 

1.(197) 私が得られる報酬(もの)は、自分自身からの感謝のみである。

 

私の救済について私以外の誰が感謝を捧げるべきだろう。

 

そして、救済以外の何を通して、私が感謝を捧げるべき相手である自己を見出せるだろう。

(1-2.3)